May 1, 2020 / 7:12 AM / a month ago

マザーズ先物概況:続伸、バイオ関連などへの人気が続き切り返す(5月1日)


*16:01JST マザーズ先物概況:続伸、バイオ関連などへの人気が続き切り返す(5月1日)
1日のマザーズ先物は前日比5.0pt高の772.0ptと4日続伸して終了した。高値774.0pt、安値は750.0pt。取引高は5181枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株安など外部環境の不安定さから利食い売りが先行して始まったものの、バイオ関連株人気が続き切り返して終了した。前日の米国市場は、市場予想を大幅に下回る経済指標を映して米景気の減速に対する警戒感が再燃し、主要株価指数は反落した。前日に2万円の大台を回復した日経平均も急反落しており、市場では「外部環境の悪化を受けてリスク回避の動きが波及した」とし、マザーズ先物は一時前日比17.0pt安の750.0ptまで下押した。また、マザーズ市場ではこのところ、バイオ関連株やテレワーク関連株など中小型株人気が継続し、マザーズ先物は4月1カ月間で32%も急騰した。このため、市場では「大型連休を前に当面の利益を確保する動きも強まった」との声も聞かれた。ただ、個人に人気の高いアンジェス4563やそーせい4565大幅に続伸しはほか、メルカリ4385、JMDC4483などの主力株も堅調に推移するなど、中小型株への物色は継続しており、売り一巡した後はマザーズ先物にも買い戻しが入り、取引終盤にかけて切り返し、そのままプラス圏で取引を終えた。本日のマザーズ市場では、吉本興業との業務提携が引き続き材料視されたUUUM3990が前日比500円(+20.86%)高の2897円とストップ高まで買われ、自社株買いを評価する動きが続いたアズーム3496は前日比437円(+19.51%)高の2677円と大幅に続伸した。また、アンジェス株高の流れが波及したHMT6090は前日比150円(+17.01%)高の1032円、バイオ関連株人気が波及したPXB6190も前日比100円(+16.29%)高の714円ともに制限値幅いっぱいまで買い進まれた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below