May 1, 2020 / 7:17 AM / 3 months ago

日経VI概況:大幅上昇、経済指標の悪化や米中間の対立懸念台頭でセンチメント悪化


*16:10JST 日経VI概況:大幅上昇、経済指標の悪化や米中間の対立懸念台頭でセンチメント悪化
日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は1日、前日比+8.76pt(上昇率27.90%)の40.15ptと大幅に上昇した。なお、高値は41.37pt、安値は33.54pt。3月の個人消費支出が過去最大の落ち込みを記録するなど経済指標の悪化が投資家心理を冷やし、前日の米国市場では主要株価指数が反落。そのほか、決算を受けて時間外取引で値を下げた米ハイテク株の流れもあり、昨日節目の20000円を回復したばかりだった225先物は半導体株を中心に500円近く下落した。また、海外の通信社が、「トランプ米大統領が政府の退職年金基金が中国の株式に投資するのを阻止することを検討している」と報じたことで、新型コロナウイルスを巡っての米中間の対立が懸念され、市場の不安心理に一層の拍車をかけた。こうした背景から、20pt台を目指して低下してきていた日経VIは跳ね上がり、終値で40ptまで上昇する形となった。

【日経平均VIとは】
日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値です。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向があります。一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っています。



《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below