May 5, 2020 / 10:00 PM / a month ago

NY株式:NYダウ133ドル高、経済活動再開の指針発表で見通し改善


*07:00JST NY株式:NYダウ133ドル高、経済活動再開の指針発表で見通し改善
米国株式相場は続伸。ダウ平均は133.33ドル高の23883.09ドル、ナスダックは98.41ポイント高の8809.12ポイントで取引を終了した。カリフォルニア州やNY州など各州で経済活動再開の指針が発表され、景気先行き見通しが改善し大きく上昇して寄り付いた。さらに、原油価格が20%続伸したためエネルギー関連株の上昇が相場を押し上げた。しかし、クラリダFRB副議長がインタビューで、金融や財政の更なる支援が必要になる可能性を指摘したことをきっかけに、引けにかけて上げ幅を縮小した。セクター別ではヘルスケア機器・サービス、自動車・自動車部品が上昇した一方、銀行が下落した。

石油大手のシェブロン(CVX)は、原油高を好感して上昇。コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は、ジョンソンCEOが今週中に85%の店舗で持ち帰り限定で再開する方針を示したため収益改善期待で上昇した。一方、クルーズ船を運営するノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス(NCLH)は、破綻の可能性を警告し大幅下落。レンタカー大手のハーツ・グローバル(HTZ)は、債権者から返済の一時猶予を得たと報じられたものの破綻への懸念がぬぐえず大幅下落した。また、ファーストフードのウェンディーズ(WEN)は、主要食材の牛肉価格の高騰・不足を警告して下落した。

エンタテインメント大手のディズニー(DIS)は、引け後に発表した決算で売上高が予想を上ぶれる一方で、一株利益が予想を下回った。動画配信サービスが好調な一方で、テーマパーク関連が大きく落ち込んでおり、時間外取引では小動きとなっている。





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below