May 6, 2020 / 8:05 AM / 3 months ago

米国株見通し:上げ渋りか、雇用情勢の歴史的な悪化に思惑


*17:00JST 米国株見通し:上げ渋りか、雇用情勢の歴史的な悪化に思惑
(16時50分現在)

S&P500先物      2,875.38(+17.13)
ナスダック100先物   8,981.50(+57.25)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は100ドル超高。NY原油先物(WTI)も高値圏を維持し、今晩の米株式市場は買い先行となりそうだ。


5日の取引で主要3指数は続伸。ダウは一時24000ドル台に浮上したが、その後失速し133ドル高にとどまった。カリフォルニアをはじめ複数の州でロックダウンを段階的に緩める動きが好感され、序盤は買い先行。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待感も、市場心理をさらに改善させた。ただ、この日発表されたISM非製造業景況指数は悪化の度合いが想定内となったものの、50を下回る内容から景気後退懸念が意識され、徐々に上げ幅を縮小した。


本日も同様の展開が予想される。新型コロナウイルスの発生源をめぐる米中対立が警戒されるなか、連休明けの中国株が堅調に推移した影響でやや買いが入りやすい。また、原油価格が高値圏を維持し、相場への不安はさらに後退しよう。しかし、8日の雇用統計の先行指標となる今晩のADP統計は、労働市場の急激な悪化を示すとみられる。経済指標の低調な内容は織り込み済みとはいえ、歴史的な低水準なら株買いを弱めるとみる。なお、個別銘柄では決算発表のゼネラル・モーターズやオフィス・デポ、パーソンズなど多数が注目されている。





《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below