May 7, 2020 / 3:51 AM / in a month

後場に注目すべき3つのポイント~まずまずしっかりでも個別動向に不安心理?


*12:45JST 後場に注目すべき3つのポイント~まずまずしっかりでも個別動向に不安心理?
7日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続落、まずまずしっかりでも個別動向に不安心理?
・ドル・円は小じっかり、日本株の下げ幅縮小で
・値下がり寄与トップはソフトバンクG9984、同2位がファーストリテ9983

■日経平均は続落、まずまずしっかりでも個別動向に不安心理?

日経平均は続落。31.93円安の19587.42円(出来高概算6億2000万株)で前場の取引を終えている。

米株式市場では、1日から6日までの4営業日でNYダウが681ドル下落した。経済活動再開への期待が高まる一方、トランプ大統領が新型コロナウイルスを巡る中国の責任を問う姿勢を強め、米中摩擦再燃への懸念が浮上。米民間雇用サービス会社ADPの4月雇用統計で雇用者数が過去最大の減少となるなど、経済指標の悪化も嫌気された。円相場は一時1ドル=106円近辺まで上昇し、5連休明けの日経平均は米株安や円高を受けて150円安からスタート。朝方には一時19448.93円(170.42円安)まで下落したが、その後下げ渋り、小幅ながらプラス圏に浮上する場面もあった。

個別では、東証1部売買代金トップのソフトバンクG9984が3%下落しているほか、武田薬4502、OLC4661、東京海上8766などの軟調ぶりが目立つ。JAL9201やANA9202は6%前後の下落。その他売買代金上位ではファーストリテ9983、トヨタ自7203、ソニー6758などがさえない。また、石川製6208や豊和工6203といった防衛関連銘柄が東証1部下落率上位に顔を出した。一方、東エレク8035、キーエンス6861、村田製6981といったハイテク株や、ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の好調が伝わった任天堂7974は堅調。タカラバイオ4974が大幅続伸し、アイロムG2372が連日でストップ高を付けるなど新型コロナ対応に絡んだ物色も引き続き活発で、決算発表銘柄では野村不HD3231などが急伸した。

セクターでは、空運業、保険業、陸運業が下落率上位。半面、鉱業、精密機器、金属製品などが上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の44%、対して値上がり銘柄は53%となっている。

連休明けの日経平均は3ケタの下落でスタートしたのち下げ渋ったが、前営業日終値水準を回復すると戻り一服となった。米中摩擦の激化懸念は連休前の取引で織り込み済み。また米国では雇用情勢や企業景況感が大きく悪化しているが、おおむね想定内と受け止められているのだろう。欧米で経済再開に向けた動きに変化がないことも相場の下支えとなっているが、一方で積極的に買い上がるほどの追加材料も連休中には出なかった。

売買代金上位を見るとハイテク株が堅調だが、米市場ではNYダウが4月30日終値比で2.80%の下落となっているのに対し、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は0.40%の下落にとどまっている。インターネットサービスの利用増加や半導体需要の伸びへの期待が背景にあるとみられる。反面、新型コロナの影響が強い空運、レジャーなどは下げがきつい。タカラバイオが賑わいを見せているほか、マザーズのアンジェス4563が日経レバETF1570をも抜き全市場売買代金トップとなっている。新型コロナワクチン開発で注目されるアンジェスは大幅に11日続伸し、マザーズ指数は6%近い上昇だ。

前引けの東証株価指数(TOPIX)は0.45%の下落となっており、日銀による上場投資信託(ETF)買い入れは本日実施されない見込み。新型コロナの感染拡大やその後の回復で先行する中国が本日、4月貿易収支の発表を予定しており、後場の日経平均はその内容次第で上下に振らされる可能性もある(本稿執筆時点では未発表)。

さて、足元の日経平均は日足チャート上で19200円台に位置する25日移動平均線を上回って推移しており、目先的に二番底を探りに行くようなムードではない。主要中銀による空前の金融緩和が相場をサポートし、海外での経済再開シナリオに狂いが出てこなければ、主要株価指数はまずまずしっかりした推移が見込めるだろう。とはいえ、自動車やレジャー関連株の軟調ぶりを見ると、新型コロナ終息後の個人消費の回復に自信が持てない市場の姿も浮かび上がる。1日の当欄でも指摘したが、企業業績の回復確度が高まってこなければ、日経平均は株価純資産倍率(PBR)1倍水準となる21000円には到達しづらいだろう。趨勢が見えない新型コロナ治療を巡る物色は短期的なものと割り切る必要がある。

日本では連休中に緊急事態宣言が延長され、新型コロナを抑え込めるか注目される。海外では流行の第二派を回避しつつ経済再開を実現できるか、今年11月の米大統領選に向けてトランプ氏が中国批判をどこまで強めるのかなどを見極めたいところ。日経平均は連休明けも当面、現行水準でのもち合いが続くとみておきたい。


■ドル・円は小じっかり、日本株の下げ幅縮小で

7日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。連休明けの東京株式市場で日経平均株価が下げ幅を縮小したことでリスク回避的な円買いは弱まり、ドルを小幅に押し上げた。また、欧米株式先物のプラス圏推移で、今晩の株高を期待した円売りも観測されている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円99銭から106円30銭、ユーロ・ドルは1.0792ドルから1.0803ドル。ユーロ・円は114円44銭から114円80銭。


■後場のチェック銘柄

・サマンサタバサジャパンリミテッド7829、アイロムグループ2372など、12銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはソフトバンクG9984、同2位がファーストリテ9983


■経済指標・要人発言

【要人発言】
・ロバートソンNZ財務相
「コロナ被害で事業投資が打撃を受け、失業率は上昇。回復の道のりは険しい」

【経済指標】
・日・4月マネタリーベース:前年比+2.3%(3月:+2.8%)
・豪・3月貿易収支:+106.02億豪ドル(予想:+64億豪ドル、2月:+43.61億豪ドル)
・中・4月財新サービス業PMI:44.4(予想:50.5、3月:43.0)


<国内>
特になし

<海外>
・時間未定 中・4月輸出(前年比予想:-9.5%、3月:-6.6%)
・時間未定 中・4月輸入(前年比予想:-10.0%、3月:-1.0%)
・15:00 英中銀が政策金利発表(0.10%に据え置き予想)
・15:00 独・3月鉱工業生産(前月比予想:-7.5%、2月:+0.3%)


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below