May 7, 2020 / 7:01 AM / a month ago

マザーズ先物概況:バイオ関連を中心に大幅続伸


*15:54JST マザーズ先物概況:バイオ関連を中心に大幅続伸
7日のマザーズ先物は連休前比57.0pt高の829.0ptと大幅に5日続伸して終了した。高値830.0pt、安値は776.0pt。取引高は6856枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株安や円高進行などを背景に買い見送りムードが強まるかと思われたが、新型コロナウイルスの治療薬などへの思惑からアンジェス4563は11連騰を演じたほか、他のバイオ関連株に買いが波及するなど個人投資家に人気の高い銘柄が騰勢を強めているため、マザーズ先物にも買い気は波及した。一時前営業日比58.0pt高の830.0ptまで値を上げ、2月13日以来となる高値水準に達した。市場では「大型連休中に海外では米国と中国の対立が鮮明になり、海外機関投資家の動きは鈍っているが、個人投資家は依然として投資余力があり、物色意欲は旺盛」との声が聞かれた。このため、バイオ関連株の強調展開が続くなら、「マザーズ先物も堅調に推移する可能性が高く、1月高値(864.0pt)を目指す場面も想定される」との指摘も聞かれた。本日のマザーズ市場では、連休前に制限値幅いっぱいまで買われた流れを引き継いだHMT6090が前営業日比600円(+58.14%)高の1632円とストップ高まで買われ、コナカ7494が子会社化するサマンサJP7829も前営業日比50円(+35.97%)高の189円と制限値幅いっぱいまで買い進まれた。また、ソレイジア4597、アスカネット2438、アンジェス4563が急騰し、FRONTEO2158、GMOTECH6026、PXB6190も値を上げた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below