May 7, 2020 / 11:42 PM / 25 days ago

今日の為替市場ポイント:米国金利の先安観再浮上で円売り抑制も


*08:36JST 今日の為替市場ポイント:米国金利の先安観再浮上で円売り抑制も
7日のドル・円は、東京市場では105円99銭から106円41銭まで反発。欧米市場でドルは106円66銭まで買われた後、106円22銭まで反落し、106円28銭で取引終了。

本日8日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。米国金利の先安観が再浮上しており、リスク選好的な円売りは引き続き抑制される可能性がある。

7日の米国債券市場で長期債利回りは反落した。市場参加者の一部の間では「国債の大幅増発による金利上昇が懸念されており、資金調達コストをできるだけ低下させるために、米金融当局はFFレートの水準をさらに低下させることをいずれ検討するのではないか?」との見方が浮上しているようだ。米財務省は、今後数四半期は満期までの期間が長い債券の発行による資金調達にシフトしていくと表明している。景気回復への期待が高まり、長期金利が今年後半にかけて上昇するケースはあり得る。

8日に発表される4月米雇用統計は、米金利見通しに一定の影響を与える可能性がありそうだ。市場予想では、失業率は16%程度まで上昇し、非農業部門雇用者数は前月比-2125万人程度と記録的な減少となる見込み。株式市場は4-6月期における雇用情勢の大幅な悪化を織り込んでいるようだが、雇用情勢がここまで悪化すると短期間で改善することは難しいとの見方が増えている。4月雇用統計発表後における米国株式市場の反応に注目したい。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below