for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:コーエーテクモや積水化学に注目


*09:00JST 個別銘柄戦略:コーエーテクモや積水化学に注目
先週末8日の米国市場ではNYダウが455.43ドル高の24331.32、ナスダック総合指数は141.66pt高の9121.32と大幅上昇し、シカゴ日経225先物は大阪日中比70円高の20210円。週明け11日早朝の為替は1ドル=106円80-90銭(8日大引け時は106.42円付近)。本日の東京市場では、前週末の大幅高の反動からソフトバンクG
9984やファーストリテ9983など日経平均の高構成比銘柄などについてはやや上値が抑えられる展開が予想される。一方、前週末に決算を材料に利益確定売りされた任天堂7974には押し目買いが期待されるところ。また、緊急事態宣言の早期解除も見込まれるなか全体的にはリスクオンムードの地合いが継続すると思われ、大型株中心に内需、外需問わず堅調な値動きが予想される。そのほか、通期業績予想を上方修正したNEC6701の動向にも注目が集まろう。その他、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたコーエーテクモ3635、積水化学4204などに注目。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up