May 12, 2020 / 8:34 AM / 17 days ago

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、コロナ感染の再拡大にらみドル売り後退


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、コロナ感染の再拡大にらみドル売り後退
12日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。新型コロナウイルス感染の再拡大が警戒され、やや円買い方向に振れやすい見通し。ただ、米インフレ指標に思惑が交錯するものの、安全通貨のドルは引き続き売りづらいだろう。

金融市場でコロナ第2波が次のリスクとして警戒されつつある。前日海外市場では、中国と韓国での集団感染が確認されたことが注目された。ドイツでも新規感染者が増加していると指摘され、世界的なロックダウン(都市封鎖)解除による経済正常化への期待感は弱まったようだ。本日アジア市場では日経平均株価や上海総合指数などのアジア株だけでなく欧米の株価指数も軟調となり、リスク回避的な円買いが主要通貨を押し下げた。ドル・円は前日大幅高の反動もあって、107円70銭から107円前半に弱含んでいる。

この後の海外市場は、引き続き感染再拡大を意識した地合いとなりそうだ。21時半に発表される米国の消費者物価指数(CPI)の大幅鈍化は織り込み済みで、ドル売りは限定的となる見通し。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)のマイナス金利導入に思惑が広がるなか、当局者や連銀総裁から導入に踏み込んだ発言が聞かれればドル売りに振れやすい。一方、感染者の多いNYで15日以降、ロックダウンは一部解除される方向だが、市場のムードを大きく改善させる要因にはなりにくい。安全通貨のドルは引き続き売りづらいとみる。

【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・4月消費者物価指数(前年比予想:+0.4%、3月:+1.5%)
・22:00 ブラード米セントルイス連銀総裁講演(経済見通し、バーチャル会議)
・22:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁オンライン討論会参加
・23:00 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演(デラウェア州商工会議所主催の電話会議)
・23:00 クオールズ米FRB副議長証言(上院銀行委員会)
・02:00 米財務省10年債入札
・03:00 米・4月財政収支(予想:-7372億ドル、19年4月:+1063.05億ドル)
・06:00 メスター米クリーブランド連銀総裁がオンラインセミナー参加







《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below