May 12, 2020 / 10:09 PM / 22 days ago

NY株式:NYダウ457ドル安、ウイルス感染「第2波」を警戒


*07:00JST NY株式:NYダウ457ドル安、ウイルス感染「第2波」を警戒
米国株式相場は下落。ダウ平均は457.21ドル安の23764.78ドル、ナスダックは189.79ポイント安の9002.55ポイントで取引を終了した。全米各州での経済活動再開への動きが引き続き好感され、朝方は上昇して寄りついた。しかし、米国政府の新型ウイルス対策チームを率いる国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長が上院での証言で、政府が示したルールに従わない早過ぎる経済活動の再開に警鐘を鳴らしたためウイルス感染「第2波」への警戒感が高まり下落する展開となり、引けにかけては下げ幅を拡大した。セクター別では不動産、銀行が大きく下落。家庭・パーソナル用品の下落は小幅にとどまった。

天然ガス大手チェサピーク・エナジー(CHK)は、破産法申請を検討しているとの報道を受け急落。また、石油大手のシェブロン(CVX)は、アナリストによる投資判断引き下げが嫌気され下落した。航空機メーカのボーイング(BA)は、旅客機の受注残が低水準に落ち込んだことが明らかになり下落。また同社カルホーンCEOが航空大手の破綻の可能性に言及し、デルタ航空(DAL)やアメリカン航空(AAL)、ユナイテッド航空(UAL)が売られた。一方で、オンラインのフードデリバリーサービスを提供するグラブハブ(GRUB)は、ウーバーイーツを展開している配車サービスのウーバー・テクノロジー(UBER)が買収案を提示したとの報道を受けて急伸した。

不正会計疑惑が浮上した中国のコーヒーチェーン、ラッキンコーヒーはCEO、COOの解任を発表した。







Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below