May 12, 2020 / 10:54 PM / 24 days ago

マザーズ先物見通し:米国株安などで利食い売り優勢か


*07:45JST マザーズ先物見通し:米国株安などで利食い売り優勢か
本日のマザーズ先物は、前日の米国株安などを受けて、利食い売りが先行し軟調な展開が想定される。前日の米国市場は、新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感から、主要株価指数は続落した。欧米では、新型コロナの感染拡大を受けた行動制限を解除する動きが継続。感染が深刻な米ニューヨーク州も15日から段階的に解除する計画で、こうした流れを好感して買いが先行して始まった。ただ、国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長が上院委員会で、経済活動の「性急過ぎる再開」がもたらすリスクを警告した。感染拡大の「第2波」への警戒感が強まると、主要株価指数はマイナスに転じ、引けにかけて下げ幅を広げた。シカゴの日経225先物も反落し、日経平均も下落スタートが見込まれ、マザーズ先物にも売りが波及すると予想される。一方、国内では14日、新型コロナの感染拡大に伴い発出された「緊急事態宣言」の行方を左右する専門家会議の開催が予定される。週末には米国や中国で景況感や生産活動に関する4月の経済統計の発表も控える。市場では「宣言解除を受け経済活動の再開への期待感は強いものの、このところの上昇である程度織り込まれてきたため、買い注文が入りにくい」との声も聞かれ、全般は軟調な展開が想定される。上値のメドは810.0pt、下値のメド790.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below