May 14, 2020 / 12:13 AM / 14 days ago

個別銘柄戦略:シスメックスやKDDIに注目


*09:05JST 個別銘柄戦略:シスメックスやKDDIに注目
13日の米国市場ではNYダウが516.81ドル安の23247.97、ナスダック総合指数が139.38pt安の8863.17と大幅に下げ、シカゴ日経225先物も大阪日中比185円安の20165と軟調だった。14日早朝の為替は1ドル=107円00-10銭(13日大引け時は107.12円付近)。本日の東京市場は景気低迷の長期化懸念による米国株安から北米依存度の高い任天堂7974やトヨタ7203の下落が予想され、昨日6%超の急伸で終わったNEC6701も利益確定売りに押されよう。また、米連邦準備制度理事会(FRB)によるマイナス金利導入に対する警戒感から三菱UFJ8306、三井住友8316の反落も予想される。ただ、為替が昨日大引け時点からほぼ横ばいのため、東エレク8035、ソニー6758など電子部品セクターには押し目買いが期待され、国内39県での緊急事態宣言解除を材料にJR東日本9020、リクルートホールディングス6098など内需大型銘柄は底堅く推移しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された信越化4063、富士フイルム4901、ダイフク6383、ルネサス6723、シスメックス6869、ローム6963、太陽誘電6976、SCREEN7735、KDDI9433などに注目。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below