May 15, 2020 / 7:16 AM / 3 months ago

マザーズ先物概況:大幅反発、外部環境の好転で買い戻し優勢に


*16:10JST マザーズ先物概況:大幅反発、外部環境の好転で買い戻し優勢に
15日のマザーズ先物は前日比18.0pt高の816.0ptと大幅に反発して終了した。高値820.0pt、安値は787.0pt。取引高は5697枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株の上昇や日経平均の値上がり、為替の円安傾向など外部環境の落ち着きを背景に個人投資家のマインドも改善し、買い戻しの動きが強まった。前日の米国市場は、雇用関連統計の悪化傾向や米中関係の悪化懸念も加わり、朝方は売り優勢となった。ただ、原油相場の上昇を手掛かりに、次第に短期投資家による自律反発狙いの買いが優勢となり、NYダウは反発した。円相場も1ドル=107円台前半へと円安に振れ、日経平均も反発して始まったことから、個人投資家のマインドもやや改善した。また、午後に入ると、日銀の上場投資信託(ETF)買い観測が広がったことも投資家心理の改善につながったほか、本格化しているマザーズ市場上場企業の好決算企業を中心に値幅取りを強めていることもマザーズ先物高につながったとみられている。市場では「マザーズ先物は戻り待ちの売りをこなしながら、当面は堅調に推移しそうだ」との声が聞かれた。本日のマザーズ市場では、好調な月次動向が評価されたフーバーブレイン3927は前日比300円(+26.04%)高の1452円とストップ高まで買われ、連日の株価下落の反動から買い戻されたメディネット2370は前日比13円(+24.53%)高の66円と4日ぶりに大幅に反発した。また、好決算が引き続き材料視されたメドピア6095は前日比500円(+22.74%)高の2699円、第1四半期の営業利益が2ケタの増益となったLTS6560は前日比300円(+21.23%)高の1713円とともに制限値幅いっぱいまで買い進まれた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below