May 17, 2020 / 11:04 PM / 3 months ago

マザーズ先物見通し:底堅い展開か


*07:59JST マザーズ先物見通し:底堅い展開か
本日のマザーズ先物は、底堅い展開が想定される。先週末15日に発表された米国の4月の小売売上高や鉱工業生産は、前月からの下げ幅がいずれも過去最大となった半面、ミシガン大学が発表した5月の消費者景況感指数は前月から改善し、市場予想を上回った。また、原油先物市場でWTIの期近物が一時2カ月ぶりの高値を付けた。これらを受けて15日のNYダウは小幅に続伸した。一方、米商務省はこの日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止措置を強化すると発し、中国側も対抗措置として、アップルへの制裁や、ボーイングの航空機の購入停止などで応じる用意があると報じられた。市場では「米中両国の対立激化に対する警戒感が東京市場全体を圧迫する要因になりそうだ」との指摘もあり、積極的に買い上がる雰囲気にはつながらないと想定される。ただ、主要企業の決算発表がピークを過ぎたことから、「個人投資家の関心は再び値幅の取れる中小型株に向かう可能性がある」との声もある。このため、テレワーク関連などに投資資金が向かい、マザーズ市場全般は底堅い展開が予想される。上値のメドは830.0pt、下値のメド800.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below