May 18, 2020 / 7:05 AM / 9 days ago

マザーズ先物概況:大幅続伸、外部環境の好転を映してマインド改善


*15:59JST マザーズ先物概況:大幅続伸、外部環境の好転を映してマインド改善
18日のマザーズ先物は前週末比42.0pt高の858.0ptと大幅に続伸して終了した。高値859.0pt、安値は817.0pt。取引高は5323枚。

本日のマザーズ先物は、前週末の米国株高などを背景に買い戻しの動きが強まった。前週末の米国市場では、NYダウが小幅に続伸し、その後の米株価指数先物の時間外取引も上伸しており、投資家心理は上向いている。時間外取引での米株先物高について、市場では「パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が追加の金融緩和策は可能」などと述べたことで、さらなる金融政策への期待感が買いにつながったとみている。このため、米株先物高に連動する形で日経平均も上げ幅を拡大させると、個人投資家マインドも改善し、マザーズ先物にも買いが入った。また、好決算銘柄やバイオ関連株などテーマ性のある銘柄にも投資資金がシフトしていることもマザーズ先物高に寄与したとみられる。マザーズ先物は4月以降、上昇基調を強めており、過熱感を指摘する声も聞かれるが、外部環境が好調に推移しているだけに、目先は強い展開が継続しそうだ。本日のマザーズ市場では、決算発表を受けて目先の悪材料が出尽くしたカイオム4583が前週末比80円(+29.20%)高の354円とストップ高まで買われ、今期大幅な営業増益を見込むVEGA3542が前週末比300円(+28.99%)高の1335円、業績の改善傾向が材料視されたBASE4477も前週末比500円(+24.52%)高の2539円といずれも制限値幅いっぱいまで買われた。また、今期も営業増益を見込むアイ・ピー・エス4390やコプロHD7059もストップ高まで買われ、ZUU4387、GNI2160、NATTY7674も20%超の大幅高を演じた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below