May 18, 2020 / 10:01 PM / 14 days ago

NY株式:NYダウ911ドル高、ウイルスワクチン開発の進展を好感


*07:00JST NY株式:NYダウ911ドル高、ウイルスワクチン開発の進展を好感
米国株式相場は続伸。ダウ平均は911.95ドル高の24597.37ドル、ナスダックは220.27ポイント高の9234.83ポイントで取引を終了した。携帯端末のアップル(AAPL)が米国内25店舗を再開するなど経済活動の再開で景気回復期待が広がったほか、新型ウイルスのワクチン薬開発で一段の進展が見られたことが好材料となり大きく上昇して寄り付いた。その後も、パウエルFRB議長が週末のインタビューで、景気支援策が「無制限」であり下半期の経済回復に自信を表明したことや、原油高も追い風となり、引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。セクター別では、自動車・自動車部品やエネルギーが大きく上昇、医薬品・バイオテクの上昇は小幅にとどまった。

バイオ製薬のモデルナ(MRNA)は、開発中の新型ウイルスワクチンの初期段階治験で、良好な結果が得られたことを発表し急伸。運輸のフェデックス(FDX)は、マイクロソフト(MSFT)と戦略的提携を結んだことを発表し買われた。航空大手のデルタ(DAL)は、6月から段階的に運航を再開する計画を発表し上昇。また、自動車大手のジェネラルモーターズ(GM)やフォード(F)も工場再開で上昇した。一方で、外出自粛が奏功してきたテレビ会議サービスを提供するズームビデオ(ZM)や、食品製造・販売のキャンベルスープ(CPB)などが下落した。

小売りのJCぺニー(JCP)は、連邦破産法第11章による破産申請を行い経営破綻した。新型コロナウイルスの影響により、米百貨店では先日のニーマン・マーカスに続いて2社目の破綻となった。



Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below