May 19, 2020 / 6:56 AM / 14 days ago

マザーズ先物概況:3日続伸、リスク選好ムード広がる


*15:50JST マザーズ先物概況:3日続伸、リスク選好ムード広がる
19日のマザーズ先物は前日比11.0pt高の869.0ptと3日続伸して終了した。高値887.0pt、安値は855.0pt。取引高は5903枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株の大幅高や日経平均の上伸などを背景に、リスク選好ムードが強まった。前日の米国市場は、米バイオ企業モデルナが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、第1相臨床試験で、新型ウイルスの感染を防ぐ可能性のある「抗体」を確認したと発表した。ワクチン開発が成功すれば、米経済も正常化するという期待でNYダウなど主要株価指数は大幅高となり、日経平均も500円超上昇するなど、外部環境が好転していることから、マザーズ先物にも買いが波及。一時前日比29.0pt高の887.0ptまで上伸した。現物市場でも、サンバイオ4592、ヘリオス4593、オンコリス4588など個人投資家に人気の高いバイオ関連株が値を上げたほか、好決算銘柄など材料のある銘柄が幅広く買われた。ただ、一本調子の上昇に対する懸念も残っており、買い一巡後は利益確定売りも散見された。本日のマザーズ市場では、今期の好業績見通しが引き続き材料視されたアイ・ピー・エス4390は前日比400円(+25.48%)高の1970円、4月の月次売上高が大幅な伸びとなったレントラックス6045も前日比80円(+20.46%)高の471円とともにストップ高まで買われた。またミクリード7687が前日比150円(+17.03%)高の1031円と制限値幅いっぱいまで買われ、JIA7172、ブティックス9272、NATTY7674なども10%超上昇した。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below