May 19, 2020 / 7:26 AM / 16 days ago

ソフトバンクGが重石も日経平均のシグナルは好転【クロージング】


*16:20JST ソフトバンクGが重石も日経平均のシグナルは好転【クロージング】
19日の日経平均は3営業日続伸。299.72円高の20433.45円(出来高概算15億8900万株)で取引を終えた。18日の米国市場ではバイオ製薬のモデルナが、開発中の新型ウイルスワクチンの初期段階治験で、良好な結果が得られたことを発表し急伸。これが市場全体を押し上げる格好となり、NYダウは一時1000ドルを超す上昇もみられた。

この流れを受けた日本株市場も買い優勢の相場展開となり、日経平均は寄り付き直後には20659.46円まで上げ幅を広げる場面もみられた。ただし、買い一巡後はこう着感が強まり、指数インパクトの大きいソフトバンクG9984が下げに転じた影響もあり、日経平均は3営業日続伸ながらも本日の安値で取引を終えている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1600を超えており、全体の7割を超えている。セクターでは、情報通信を除く32業種が上昇しており、鉄鋼が5%を超える上昇だったほか、保険、海運、ガラス土石、その他金融、ゴム製品、非鉄金属、証券、銀行の強さが目立った。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、テルモ4543、信越化4063、ファーストリテ9983、TDK6762が堅調。一方でソフトバンクGが重石となった。

日経平均は上げ幅を縮める展開ではあったが、75日線などのテクニカルポイントが意識されていた他、ソフトバンクGの寄り付き後の動向も警戒されていただけに、嫌気する流れにはならなかったであろう。依然として低水準ではあるが、東証1部の売買代金は2.5兆円と4月30日の3兆円以来の水準に膨らんできている。出来高を伴った上昇が継続してくるようであれば、よりセンチメントを明るくさせてくるだろう。

もう一つのテクニカルポイントでは、日経平均は一目均衡表では雲を突破してきている。雲上限は20176円処に位置しているため、この水準が支持線として意識されてくることになりそうだ。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below