May 19, 2020 / 8:31 AM / 9 days ago

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の政策姿勢を好感


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の政策姿勢を好感
19日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会証言で慎重な回復見通しを示す見通し。また、緩和的な政策方針を維持するものの、経済の正常化期待からドルは売りづらいだろう。

ドイツのメルケル首相は18日、フランスのマクロン大統領とのテレビ会談で、新型コロナウイルスによる感染被害の対策として再建支援の基金創設を提案し、両国で共同提案することで一致した。それを好感してユーロは買い優勢となり、ドルを押し下げた。一方、米国株の強含みでリスク選好的なドル売り、円売りが他の主要通貨を押し上げている。本日アジア市場もその流れが受け継がれ、アジア株高を背景とする円売りが継続。ドル・円は107円前半で小幅に値を上げた。ただ、107円半ばは売りが観測され、上値の重さが目立つ。

この後の海外市場は、23時のムニューシン財務長官とパウエルFRB議長による上院銀行委員会での発言が焦点。パウエル議長はコロナ禍による米国経済について、従来通り下振れリスクを強調するだろう。同時に緩和的な政策スタンスを維持することで長期的な打撃を和らげるとの方針を打ち出す見通し。それにより、ドル買い需要はいったん弱まるものの、回復に向けた方向性が示されればドルの買戻しにつながろう。ムニューシン長官もそれを後押しするとみられる。ドルは引き続き107円前半を中心に、下値の堅い値動きとなりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 独・5月ZEW景気期待指数(予想:30.0、4月:28.2)
・21:30 米・4月住宅着工件数(予想:92.3万戸、3月:121.6万戸)
・21:30 米・4月住宅建設許可件数(予想:100.0万戸、3月:135.0万戸←135.3万戸)
・23:00 ムニューシン米財務長官とパウエル米FRB議長が上院銀行委員会で証言
・23:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
・03:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁がオンライン討論会に参加
・EU財務相理事会





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below