May 19, 2020 / 11:02 PM / 17 days ago

マザーズ先物見通し:米国株安などを背景に売り先行か


*07:59JST マザーズ先物見通し:米国株安などを背景に売り先行か
 本日のマザーズ先物は、前日の米国株の反落などを眺めて売りが先行して始まりそうだ。前日の米国市場は、前日の大幅高となった材料である米バイオ医薬品メーカーモデルナの新型コロナウイルスのワクチンに関するネガティブ報道を背景に売りが膨らみ、米主要株価指数は急反落した。シカゴの日経225先物も値を消しており、日経平均も反落スタートが想定され、マザーズ先物にも売りが優勢となりそうだ。マザーズ先物は4月23日からほぼ一本調子で水準を切り上げ、27%も急騰した。短期急騰の反動から当面の利益を確保する売りが出やすい局面となりそうだ。マザーズ先物はこのところ5日移動平均線(19日時点で832.60pt)水準を上回って推移しているだけに、同水準を死守できるかが目先の注目点になりそうだ。また、日経225先物は75日線水準(19日時点で20333円)を上回って推移しているが、市場では「同水準に接近してくれば機関投資家などからの売り物が多くなる状況で225先物の下げが加速するなら、個人投資家のマインドにも悪影響を及ぼし、マザーズ先物にも売りが膨らむ可能性がある」との声も聞かれ、225先物の動向にも注意が必要だろう。上値のメドは865.0pt、下値のメドは835.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below