May 19, 2020 / 11:52 PM / 3 months ago

前場に注目すべき3つのポイント~次第に下落幅を縮めてくる展開を想定


*08:44JST 前場に注目すべき3つのポイント~次第に下落幅を縮めてくる展開を想定
20日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:次第に下落幅を縮めてくる展開を想定
■前場の注目材料:住友電、20/3営業利益23.5%減 1272億円
■ソニー、来春「ソニーグループ」に、金融事業を完全子会社化


■次第に下落幅を縮めてくる展開を想定

20日の日本株市場は、米国市場の下落影響から売りが先行しようが、その後は底堅さが意識される展開になりそうである。19日の米国市場ではNYダウが390ドル安と反落した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が上院銀行委員会での証言で追加措置の可能性を示唆したほかムニューシン米財務長官が中間層対象の減税の可能性に言及したことが好感され、前日終値を挟んでもみ合う展開のなか、モデルナが開発中のウイルスワクチンへの懐疑的な報道が嫌気され急落した

シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円安の20385円。円相場は1ドル107円80銭台で推移している。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行することになろうが、2万円接近では底堅さが意識されやすいだろう。モデルナに対するネガティブな報道のほか、治療薬候補アビガンについても、臨床研究で明確な有効性が示されていないことが分かったと伝えられており、上値の重石になりそうである。富士フイルム4901などには、短期的な売り仕掛け的な動きも想定しておく必要があるだろう。

一方で、改めてバイオ株やコロナ防衛関連に対する関心が強まりやすく、材料系の銘柄等へは個人主体の資金が集中しやすいところである。また、足元で利食いが優勢となっているテレワーク関連なども自粛長期化への思惑から物色が再燃する流れも意識されてこよう。

とはいえ、緊急事態宣言解除から経済活動再開に向けた流れは継続。原油相場の上昇など相場全体としては金融市場の安定化から落ち着きをみせてきており、ショートポジションは積み上がりづらいと考えられる。また、本日は調整が意識される中で、日銀のETF買い入れが意識されてくるだろう。買い入れタイミングが切上がっていることも売り仕掛けづらくさせそうである。そのため、利食い一巡後は底堅さが意識され、次第に下落幅を縮めてくる展開を想定しておきたいところである。


■住友電、20/3営業利益23.5%減 1272億円

住友電5802が発表した2020年3月期決算は、売上高が前期比2.2%減の3兆1070億円、営業利益は同23.5%減の1272億円だった。各利益はいずれも前期比減益となり、また、2020年2月5日に公表した予想値に未達となった。これらを踏まえ、期末配当を直近予想の1株当たり24円から8円減配し、16円とすることを決定している。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(20433.45、+299.72)
・1ドル107円70-80銭
・米原油先物は上昇(31.96、+0.31)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・新型コロナウイルス治療薬開発
・経済活動再開
・日米欧の大型財政出動
・株安局面での自社株買い
・7-9月期の業績回復期待


・ソニー6758来春「ソニーグループ」に、金融事業を完全子会社化
・横河電6841IoT軸に中小開拓、海外の低温流通向け視野
・三菱電6503ローカル5G実証開始、FA分野で活用へ
・グローリー6457飲食店の集客支援、IoT新興に出資
・昭和真空6384新棟稼働、次世代成膜装置を開発
・ソフトバンクG9984Tモバイル株の売却模索、2兆1500億円相当
・エア・ウォーター4088エア・ウォーターなど、熱膨張性黒鉛で新会社、安定供給へ連携


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 3月機械受注(船舶・電力を除く民需)速報値(前月比予想:-6.7%、2月:+2.3%)

<海外>
・10:30 中・1年物ローンプライムレート発表(3.85%に据え置き予想)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below