for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ先物見通し:国内外での経済再開の動きから買い継続へ


*07:47JST マザーズ先物見通し:国内外での経済再開の動きから買い継続へ
 本日のマザーズ先物は、前日の米国株など外部環境の好転を映して買いが継続しそうだ。前日の米国市場は、新型コロナウイルス感染拡大で制限された経済活動を再開する動きが全米に広がったことが好感されたほか、米連邦準備理事会(FRB)はこの日発表した4月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、参加者らが追加の金融緩和を検討していたことも判明し、長期的に米株式相場を支えるとの見方につながったこともあり、NYダウは反発し、ナスダック総合指数は3カ月ぶりの高値を記録するなど上伸した。こうした流れを受けて、日経平均も続伸して始まりそうで、個人投資家のマインドは一段と向上し、マザーズ先物にも買いが続くことが見込まれる。国内でも、政府は21日から新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の対象から大阪、京都、兵庫の関西3府県を解除する方向で、「国内でも経済活動の再開期待が相場を支援しそうだ」と声が聞かれる。ただ、マザーズ先物は前日心理的な節目の900pt台を一時突破したほか、一本調子の上昇に対する警戒感も根強く、「上値での戻り待ちの売りや当面の利益を確保する動きも予想される」との指摘も聞かれ、買い一巡後は上値が重くなる場面もありそうだ。上値のメドは920.0pt、下値のメドは900.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up