May 21, 2020 / 12:02 AM / 14 days ago

前場に注目すべき3つのポイント~ショートカバーによる需給が押し上げる可能性


*08:54JST 前場に注目すべき3つのポイント~ショートカバーによる需給が押し上げる可能性
21日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:ショートカバーによる需給が押し上げる可能性
■前場の注目材料:アマダHD、20/3営業利益23.2%減 346億円、21/3予想82.7%減 60億円
■パナソニック、米SCMソフトに860億円出資、産ロボ・カメラ連携


■ショートカバーによる需給が押し上げる可能性

21日の日本株市場は、緩やかながらもリバウンド基調をみせてきそうだ。20日の米国市場は、NYダウが369ドル高だった。全米50州で一部経済活動について規制の緩和や再開が発表されたほか、4月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、連銀が追加緩和に前向きである方針が確認され、引けにかけて堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比175円高の20725円。円相場は1ドル107円50銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行での展開になろう。昨日の日経平均は後場開始後に20684.46円まで上げ幅を広げていたが、大引けにかけてはやや上げ幅を縮める展開だった、前日の高値水準を突破してきており、ショートカバーを誘う流れが意識されそうである。原油相場のリバウンド基調もCTAなどの買いを誘う格好にもなりやすいだろう。

また、テクニカル面では日経平均は75日線を突破し、一目均衡表では雲を上放れてきている。TOPIXについても75日線を捉えてきており、シグナルが好転してきている。VIX指数は再び30を下回ってきており、5月半ばの直近安値水準に接近してきている。経済活動再開に向けた流れが、金融市場への安定化の流れにつながっており、売り方の買い戻しの流れが一段と強まる可能性が期待される。

金融市場の安定化により、資源株など低迷しているセクターや銘柄へは、ショートカバーによる需給が押し上げる可能性がある。また、昨日900Ptを回復したマザーズ指数だが、達成感が意識される一方で、本日も強い基調ともなれば、より買い安心感につながることになり、個人主体の資金が集中しやすいだろう。中国全人代の行方を見極めたいとのムードもあり、主力処は手掛けづらさもあろうが、中小型株については勢いがつきやすいだろう。


■アマダHD、20/3営業利益23.2%減 346億円、21/3予想82.7%減 60億円

アマダHD6113が発表した2020年3月期決算は、売上高が前期比5.3%減の3201億円、営業利益は同23.2%減の346億円だった。20年3月期については、新型コロナウイルスの感染症の収束状況や各国、地域の経済財政政策、競合状況等により大きく変動する可能性があるとしているが、感染拡大前の水準に戻るには時間を要するという前提のもと、営業利益は前期比82.7%減の60億円としている。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(20595.15、+161.70)
・NYダウは上昇(24575.90、+369.04)
・ナスダック総合指数は上昇(9375.78、+190.67)
・シカゴ日経225先物は上昇(20725、大阪比+175)
・SOX指数は上昇(1840.79、+65.18)
・VIX指数は低下(27.99、-2.54)
・米原油先物は上昇(33.49、+1.53)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・新型コロナウイルス治療薬開発
・経済活動再開
・日米欧の大型財政出動
・株安局面での自社株買い
・7-9月期の業績回復期待


・パナソニック6752米SCMソフトに860億円出資、産ロボ・カメラ連携
・ソフトバンク9434工場向け5Gを22年度提供、顧客は免許不要
・マツダ7261操業休止せず、来月国内全工場
・島津製7701新3カ年中計、売上高4000億円に再挑戦
・ローム6963車載・産機センサー基板の設計工数半減、高速オペアンプ10月量産
・小野薬4528肺がん治療でオプジーボ併用、FDAから承認
・クラボウ3106抗菌・抗ウイルス加工の布マスク、自社サイトで販売


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 4月貿易収支(予想:-5031億円、3月:+54億円)

<海外>
・特になし



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below