May 21, 2020 / 10:53 PM / 8 days ago

マザーズ先物見通し:週末要因も加わり反落か


*07:48JST マザーズ先物見通し:週末要因も加わり反落か
本日のマザーズ先物は、前日の米国株安など外部環境の悪化を映して、利益確定売りが先行して始まりそうだ。前日の米国市場は、トランプ米大統領が、新型コロナウイルスの対応を巡り、中国を非難する内容をツイッターに複数回投稿し、対中批判のトーンを一段と強めたことが引き続き嫌気され、米中関係の悪化懸念が売りを誘い、NYダウなど主要株価指数は反落した。シカゴの日経225先物も反落しており、日経平均も続落スタートが予想され、マザーズ先物にも悪影響を及ぼしそうだ。また、週末に加え、マザーズ先物は21日までの5日間で15%超も急騰しており、市場では「目先は利益確定売りが膨らむ可能性があり、5日移動平均線(873pt)水準まで値を下げてもおかしくない」との見方をしている。一方、政府は新型コロナの感染拡大を受けた緊急事態宣言を巡り、東京都など首都圏の4都県と北海道の解除の可否について、25日に改めて専門家の評価を踏まえて判断する見通しだが、市場では「国内の経済活動の正常化に対する期待感は根強く、相場を支える要因になる」との指摘が聞かれる。また、マザーズ市場ではIT関連株などテーマ性のある銘柄への資金流入が続いており、本日もこうした流れが継続するなら、マザーズ先物の下げも限定的にとどまることも予想される。上値のメドは930.0pt、下値のメドは910.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below