May 22, 2020 / 6:53 AM / 2 months ago

東京金概況:小幅に下落、好悪材料混在で方向感定まらず


*15:47JST 東京金概況:小幅に下落、好悪材料混在で方向感定まらず
TOCOM金 21年4月限・日中取引終値:5992円(前日日中取引終値↓27円)

・推移レンジ:高値6005円-安値5973円

22日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年4月限)は下落した。22日に開幕した中国全人代で、香港での国家分裂行為などを禁じる「香港版国家安全法」が議論されることになり、中国の管理強化による域内情勢の悪化懸念から香港ハンセン指数が一時5%を超える下落となるなど、法案を巡った米中対立が懸念され、センチメントが悪化。午前に開かれた日銀の臨時政策決定会合では中小企業支援策が決定されたが、事前に想定されていた内容で市場の反応は限定的だった。一方、昨日の大阪府など関西3府県の緊急事態宣言解除決定に次ぎ、残る首都圏でも早ければ今月25日には解除されるとの報道もあり、経済活動再開への期待が一層高まった。こうした好悪材料が混在するなか、センチメントの方向性は定まらず、金先物価格はこう着感を強める値動きとなった。



《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below