July 17, 2020 / 6:47 AM / 24 days ago

10億株を下回る薄商いとなり、模様眺めムードの強い相場展開【クロージング】


*15:40JST 10億株を下回る薄商いとなり、模様眺めムードの強い相場展開【クロージング】
17日の日経平均は続落。73.94円安の22696.42円(出来高概算9億9900万株)で取引を終えた。TSMCの設備投資計画の引き上げを受けた半導体株の強い値動きもあり、朝方は小じっかりで始まり、寄り付き直後には22857.82円まで上げ幅を広げる場面もみられた。しかし、その後はこう着感の強い相場展開となり、中国市場の不安定な値動きもあって利食い優勢の展開に。後場に入ると都内の新型コロナウイルス感染者数の増加が伝えられる中、様子見ムードの強い展開となった。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは「GoToキャンペーン」の運用を見直しが嫌気され空運が3%を超える下落。不動産、鉄鋼、海運、保険、パルプ紙、非鉄金属が冴えない。半面、電力ガス、医薬品、石油石炭、その他金融が小じっかり。指数インパクトの大きいところではファーストリテ9983が冴えない一方で、中外薬4519、アドバンテスト6857、エーザイ4523が下支え。

東証1部の売買高は7月3日以来の10億株を下回る薄商いとなり、模様眺めムードの強い相場展開だった。中国・上海指数は不安定な推移となったほか、グローベックスの米株先物も小動きであり、手掛けづらさが意識されていた。また、狭いレンジでのこう着が続いていることから、先物主導により仕掛け的な売買も入りづらい状況であった。材料株についてもマザーズ指数がマイナス圏で推移していることもあり、個人の活発な売買もみられずといったところだろう。

また、都内の新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にある。検査数が増えているため想定されている面もあろうが、数値次第で短期的にマーケットに与える影響も大きいため、手控え要因になる。また、米国では来週から決算発表が本格化する。アマゾンなどの決算が控えているため、決算後の動向を見極めたい面もありそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below