July 19, 2020 / 11:37 PM / 16 days ago

マザーズ先物見通し:反発、コロナ感染者減でセンチメント改善か


*08:30JST マザーズ先物見通し:反発、コロナ感染者減でセンチメント改善か
本日のマザーズ先物は、反発が予想される。先週末の米国市場は、6月住宅着工件数の増加を好感し小幅上昇して寄り付いたが、7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想外に6月から低下すると個人消費の鈍化懸念が広がり下落に転じた。一方で、ハイテク株は底堅く推移するなど高安まちまちな展開となった。ハイテク通信株の比率が高いナスダックは上昇。本日のマザーズ先物は、堅調に推移した米ナスダックや、小甘く推移したナイトセッションの流れを引き継ぎ、反発でのスタートが予想される。国内では、GOTOトラベルに関して、当初の評判に反して、千葉など東京周辺での宿泊施設の予約状況が上向きに推移していると報じられている。こうしたことから、個人消費が改善するとの見方が強まり、個人投資家心理を下支えしよう。また、日曜日の東京都のコロナ感染者が188人と前日より100人近く減少したことも寄与しよう。ただし、時価総額上位のアンジェス4563やメルカリ4385などコロナ関連銘柄が相場の上値を抑える要因となる可能性がある。上値のメドは975.0pt、下値のメドは920.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below