July 20, 2020 / 8:17 AM / 20 days ago

東京為替:ドル・円は上げ渋り、朝方の買い一巡後はユーロが下押し


*17:08JST 東京為替:ドル・円は上げ渋り、朝方の買い一巡後はユーロが下押し

20日の東京市場でドル・円は上げ渋り。朝方の取引で107円02銭を付けた後、23日からの東京市場の4連休を控え中値にかけて国内勢の買いが膨らみ、107円53銭まで上昇。ただ、その後は日経平均株価の失速やユーロ・ドルの上昇で、ドルは下押しされた。

・ユーロ・円は122円06銭から122円98銭まで強含んだ。
・ユーロ・ドルは1.1412ドルまで下落後、1.1467ドルまで切り返した。

・17時時点:ドル・円107円10-20銭、ユーロ・円122円70-80銭
・日経平均株価:始値22,772.07円、高値22,788.53円、安値22,580.19円、終値22,717.48円(前日比21.06円高)

【金融政策】
・中国人民銀行:1年物ローンプライムレートを3.85%に据え置き

【要人発言】
・ルメール仏財務相
「EU首脳による復興基金案の合意は可能で、必要なこと」
・日銀金融政策決定会合議事要旨(6/15-16開催分)
「3月以降、感染症への影響に対する金融緩和措置を相次いで打ち出してきており、当面は一連の政策効果を丁寧かつ慎重に点検していくことが重要」(多くの委員)
「当面は感染症の影響を注視し、必要があればちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」(委員)

【経済指標】
・日・6月貿易収支:-2688億円(予想:-119億円、5月:-8382億円)
・ユーロ圏・5月経常収支:+80億ユーロ(4月:+143億ユーロ←+144億ユーロ)




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below