July 21, 2020 / 12:08 AM / 20 days ago

個別銘柄戦略:信越化や日本電産に注目


*09:03JST 個別銘柄戦略:信越化や日本電産に注目


週明け20日の米国市場では、NYダウが8.92ドル高の26680.87と小幅高の一方、ナスダック総合指数が263.90pt高の10767.09と急伸し、シカゴ日経225先物も大阪日中比140円高の22790と買われた。21日早朝の為替は1ドル=107円20-30銭(昨日大引け時は107.29円付近)。本日の東京市場では、米国でのハイテク株高を材料にソフトバンクG9984が買いを集め、ソニー6758、東エレク8035など電子部品セクターの主力株も軒並み高となろう。ただ、JAL9201やJR東日本9020の空運、陸運株は引き続き売り物が厚く、三菱UFJ8306など大手銀行株は米長期金利低下をマイナス材料に弱含みとなろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された大成建1801、大林組1802、鹿島1812、イビデン4062、信越化4063、積水化学4204、アルテリア4423、関西ペイント4613、LIXILグループ5938、ミネベア6479、日本電産6594などに注目。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below