for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株見通し:底堅い値動きか、金融緩和の継続を見極め


*15:08JST 米国株見通し:底堅い値動きか、金融緩和の継続を見極め
(14時50分現在)
S&P500先物      3,850.00(+15.75)
ナスダック100先物  13,460.50(+99.00)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は90ドル高。アジアや欧州の株高も波及するとみられ、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


22日の取引で主要3指数はまちまち。ナスダックは続伸したが、S&Pは反落、ダウは続落で179ドル安の30996ドルで取引を終えた。バイデン政権による1.9兆ドル規模の追加経済対策について成立が不透明となり、買い後退。また、前日の業績発表を嫌気されたハイテク企業が売られ、指数を下押しした。ただ、この日発表されたPMIは製造業、サービス業とも堅調となったほか住宅関連も高水準を維持し、株売りを弱める要因となった。


本日は買い先行か。引き続きバイデン政権の追加対策の行方が注目され、報道が手がかりとなろう。また、明日以降に本格化する企業決算を前に、思惑的な売り買いが交錯しよう。一方、前週の大統領就任式など重要イベントを終え、短期的なリスクの後退で売りづらい面もある。26-27日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的に動きづらいなか、連邦準備制度理事会(FRB)の緩和的な金融政策の堅持が見込まれるため、売りは抑制されそうだ。




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up