for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:MonotaROやオープンハウスなどに注目


*09:06JST 個別銘柄戦略:MonotaROやオープンハウスなどに注目
27日の米国市場では、NYダウが633.87ドル安の30303.17、ナスダック総合指数が355.47pt安の13270.60と大幅に下落し、シカゴ日経225先物も大阪日中比180円安の28180と軟化した。28日早朝の為替は1ドル=104.00-10円(昨日大引け時は103.68円付近)。本日の東京市場では、昨日の米国株安を悪材料としてソフトバンクG
9984の大幅安が予想される。昨日昨年来高値を付けたパナソニック6752、シャープ6753、アンリツ6754、村田製6981、日東電工6988など電子部品や設備投資セクターは朝方の売り一巡後は下げ幅縮小が期待できよう。また、米株安に逆行して米WTI原油先物が堅調だったため、出光興産5019、ENEOS5020にも買いが向かおう。昨日大引け後の情報開示銘柄では、2021年3月期の連結経常利益を上方修正したファナック6954やNRI4307、日本航空電子工業6807などの値上がりが期待できる反面、上方修正期待が高かった信越化4063は通期予想を据え置いたため大幅安が予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたMonotaRO3064、オープンハウス3288、SUMCO3436、ネクソン3659、信越化4063、JSR4185、ディスコ6146、ハーモニック・ドライブ・システムズ6324、竹内製作所6432、NEC6701、ファナック6954、スズキ7269、任天堂7974、小田急9007、カプコン9697などに注目。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up