for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ先物見通し:反発、25日線維持が焦点


*08:06JST マザーズ先物見通し:反発、25日線維持が焦点
本日のマザーズ先物は反発が予想される。28日の米国市場は一部投機の過熱を受け、証券取引委員会(SEC)が他の当局とともに進行中の市場動向を監視しているとの声明を出したほか、ペロシ下院議長が議会でも調査を進める方針を示したため、金融市場混乱への警戒感が後退し寄り付きから上昇した。投機色の後退で投資家の恐怖指数であるVIX指数も低下し、終日堅調に推移した。ハイテク通信株の比率が高いナスダックも上昇した。本日のマザーズ先物は、米国市場が上昇したことや、ナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ反発でのスタートが予想される。国内では、富山第一銀行が、大量のサーバーを減らせるクラウド化などを検討していると日本経済新聞社が報じている。地銀のクラウド化の進展で中小企業へも、その流れが波及するとの見方から、マザーズのラクス
3923やフリー4478などクラウド関連に思惑が向かい市場を下支えすることが期待される。日足チャートでは、25日線の手前で下落が停止しており、ここを維持できるかが焦点とされよう。本日の上値のメドは1255.0pt、下値のメドは1211.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up