for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京為替:1ユーロ円126円40銭台、S&P・イタリア政局、格付け影響当面なし


*10:17JST 東京為替:1ユーロ円126円40銭台、S&P・イタリア政局、格付け影響当面なし
午前の東京外為市場でユーロ・円は1ユーロ=126円40銭台で推移。S&Pのグローバルアナリストは、最近のイタリアの政局について、当面は国債の格付けに影響することはない、との見方を示したとロイターが報じている。イタリアでは景気悪化や、コンテ首相が辞任後、国債利回りが上昇しており、格下げが懸念されていた。

一方、東京株式市場は日経平均が35.30円高と一時はマイナスに転じたものの、プラス圏に値を戻している。東京市場は昨日に先行して、安値より下げ幅を縮小していたことから、米国市場の上昇の恩恵は小さく作用しているようだ。なお、指数に寄与度の高いファーストリテイリング
9983が1000円以上の上昇していることも相場の上昇に寄与しているもよう。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up