for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:メルカリや野村不HDなどに注目


*08:49JST 個別銘柄戦略:メルカリや野村不HDなどに注目
先週末1月29日の米国市場では、NYダウが620.74ドル安の29982.62、ナスダック総合指数が266.46pt安の13070.70、シカゴ日経225先物が大阪日中比210円高の27780。週明け2月1日早朝の為替は1ドル=104.70-80円(先週末大引け時は104.47円付近)。本日の東京市場では、空売りファンドを巡る米国市場の混乱から業績好調が確認されたエムスリー
2413など内需銘柄に投資家の関心が向かおう。決算発表が目先のあく抜け感を誘いJR東海9022、ANA9202も強含みが予想される。先週末に売りがかさんだ東エレク8035など電子部品セクターは寄り付き以降の売り板の薄さを確認してからの買い戻しが期待される。先週末大引け後の情報開示銘柄では、業績予想や配当の上方修正や昨年10-12月期までの好業績が判明した住友林業1911、エムスリー2413、味の素2802、大同特殊鋼5471、カシオ6952、ウシオ電機6925、村田製6981、電源開発9513などに資金が向かおう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された野村不HD3231、野村総合研究所4307、メルカリ4385、大日本住友製薬4506、JCRファーマ4552、OLC4661、オービックビジネスコンサルタント4733、日本特殊陶業5334、リクルートHD6098、ベル24HD6183、NTN6472、富士電機6504、富士通6702、アンリツ6754、アルプスアルパイン6770、アドバンテスト6857、新光電工6967、KOA6999、SCREEN7735、キヤノン7751、東エレク8035、ゴールドクレスト8871、カプコン9697などに注目。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up