for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いも米国株の安定を見極め


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いも米国株の安定を見極め
1日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。欧州中銀(ECB)の追加利下げ観測の後退で欧州通貨買いに振れ、ドルは下押しされる見通し。ただ、乱高下の続く米国株の安定を見極めようと、安全通貨のドルへの根強い買いが見込まれる。

1月29日の取引は週末・月末のフローで方向感が定まらず、ユーロ・ドルは1.21ドル台半ばに浮上した後は失速。ドル・円は一時105円台が視野に入ったが、NYダウの急落でリスクオフのムードとなりドルと円が買われる展開に。週明けアジア市場では米株式先物のプラス圏推移で今晩の株高を見込んだドル売りが強まり、欧州やオセアニアの主要通貨が対ドルで値を上げた。ドル・円は早朝の取引でドル売りに下押しされながらも、クロス円の上昇にサポートされ104円半ばから小幅に値を戻している。

この後の海外市場でも、欧州通貨と米国株が注目される。アイルランド中銀総裁はECBの早期追加利下げについて選択肢の1つとしながらも、現時点で考えにくいとの見解を示した。ユーロ高に関しては「注視する」としたが、ハト派後退でユーロ買いに振れやすくドル・円の下押し要因になりやすい。半面、米株式市場は前週末の急落の反動で、ドル買いはいったん収束しそうだ。ただ、調整含みのなか、今晩発表のISM製造業景況指数は前回を下回ると予想され、株安局面が続けば警戒感からドルは売りづらい。

【今日の欧米市場の予定】
・17:55 独・1月製造業PMI改定値(予想:57.0、速報値:57.0)
・18:00 ユーロ圏・1月製造業PMI改定値(予想:54.7、速報値:54.7)
・18:30 英・1月製造業PMI改定値(予想:52.7、速報値:52.9)
・18:30 英・12月住宅ローン承認件数(中銀)(予想:9.65万件、11月:10.5万件)
・23:45 米・1月製造業PMI改定値(予想:59.1、速報値:59.1)
・24:00 米・1月ISM製造業景況指数(予想:59.9、12月:60.5←60.7)
・24:00 米・12月建設支出(前月比予想:+0.8%、11月:+0.9%)
・04:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁・ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演






《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up