for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ475ドル高、追加経済対策期待やワクチン進展が支援


*07:00JST NY株式:NYダウ475ドル高、追加経済対策期待やワクチン進展が支援
米国株式相場は大幅続伸。ダウ平均は475,57ドル高の30687.48ドル、ナスダックは209.38ポイント高の13612.78で取引を終了した。投機的な売買による市場混乱が収束に向かうとの見方が広がり、寄り付きから上昇した。引け後に大型ハイテク企業の決算を控え、市場の関心は企業業績に移った。追加経済対策が進展するとの期待や、新型コロナワクチン普及が加速していることなども後押しし、引けにかけて上げ幅を拡大。セクター別では、銀行や自動車・自動車部品が上昇した一方で、医薬品・バイオテクが下落した。

銀行のJPモルガン(JPM)、バンク・オブ・アメリカ(BAC)やシティグループ(C)などは、長期金利上昇を受けて業績拡大期待が広がり軒並み上昇した。石油会社のエクソンモービル(XOM)は第4四半期決算で一部項目を除く一株当たり利益がアナリスト予想を上回り上昇。配車サービスのウーバーテクノロジー(UBER)はアルコール宅配サービスを手掛けるドリズリーの買収を発表し、急伸した。一方で、製薬会社のファイザー(PFE)は21年通期の見通しを引き上げたものの、第4四半期の決算がアナリスト予想を下回り下落。投機的売買の対象となっていたゲーム販売のゲームストップ(GME)や映画館運営のAMCエンターテインメント(AMC)は、オンライン証券会社が取引制限を続けている影響でそれぞれ急落した。

オンライン小売のアマゾン(AMZN)は引け後に発表した第4四半期決算が予想を上回ったがべゾスCEOが執行会長に退くと発表し時間外取引で伸び悩んでいる。また、検索サイトグーグルを傘下にもつアルファベット(GOOG)は引け後に発表した決算が予想を上回り、時間外取引で上昇している。





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up