for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:住友林業やコニカミノルタなどに注目


*09:09JST 個別銘柄戦略:住友林業やコニカミノルタなどに注目
3日の米国市場では、NYダウが36.12ドル高の30723.60と小高く、ナスダック総合指数がほぼ横ばいの2.23pt安の13610.54で引け、シカゴ日経225先物は大阪日中比60円安の28580。4日早朝の為替は1ドル=105.00-10円(昨日大引け時は105.00円付近)。本日の東京市場では、昨日大引け後に2021年3月期の営業利益を7000億円から9400億円へ大幅上方修正したソニー
6758をはじめ、住友電気工業5802、ブラザー工業6448、日立6501、スカパーJSAT9412などの値上がりが予想される。取引時間中の米国株先物が堅調であれば、ソニーや日立の好業績確認で日本電産6594、パナソニック6752、安川電機6506など電機セクター全体に見直し買いが広がる可能性もありそうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された住友林業1911、MonotaRO3064、トヨタ紡織3116、信越化4063、コニカミノルタ4902、日本碍子5333、三和ホールディングス5929、豊田自動織機6201、日本精工6471、ジェイテクト6473、三菱電6503、パナソニック6752、アルプスアルパイン6770、デンソー6902、イリソ電子6908、レーザーテック6920、三菱自7211、東京精密7729、アイシン精機7259、東エレク8035、ゴールドクレスト8871、トランスコスモス9715などに注目。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up