for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為:ユーロも上値抑制、ラガルドECB総裁は金融緩和継続を表明


*01:48JST NY外為:ユーロも上値抑制、ラガルドECB総裁は金融緩和継続を表明



NY外為市場では域内の経済が依然弱く、ECBが当面金融緩和を継続するとの見方にユーロの上値が抑制された。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁はウェブ上の講演で「ECBは金融緩和策を維持する必要がある」としたほか、「ECBがインフレを懸念するまでにはかなりの時間がかかる」と述べた。また、デコス・スペイン中銀総裁も「ユーロ圏の景気回復は弱い、下振れリスクに直面している」と悲観的な見通しを示している。

ユーロ・ドルは米国の消費者物価指数の低下を受けたドル売りに1.2115ドルから1.2140ドルまで上昇したが、上値も重く伸び悩んだ。
ユーロ・円は127円06銭から126円88銭へ下落。ユーロ・ポンドは0.8752ポンドから0.8767ポンドのレンジで推移した。


《KY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up