for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ61ドル高、金融緩和策の長期化観測が下支え


*07:00JST NY株式:NYダウ61ドル高、金融緩和策の長期化観測が下支え
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は61.97ドル高の31437.80ドル、ナスダックは35.16ポイント安の13972.54で取引を終了した。好調な企業決算や1月の消費者物価指数でインフレ圧力の弱さが改めて確認されインフレ急伸への警戒感が後退し寄り付き後、上昇。一時下落する局面もあったが、追加経済対策への根強い期待や連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が「緩和的な金融政策を忍耐強く続けることが重要」との見解を示したことが下支えとなり堅調に推移した。ダウは史上最高値を更新し終了。セクター別では、エネルギーが上昇した一方、自動車・自動車部品が下落した。

前日引け後に第4四半期決算を発表した短文投稿サイトのツイッター(TWTR)はアナリスト予想を上回る増収となり急伸。また、配車サービスのリフト(LYFT)は売上高がアナリスト予想ほど落ち込まなかったほか、最高財務責任者(CFO)の回復を見込んだ見通しを好感し上昇した。一方。ネットワーク機器大手のシスコシステムズ(CSCO)は、エンタープライズ部門の売上高が前年同期比9%減となったほか業績の先行き懸念が強まったため下落。自動車メーカーGM(GM)は決算が予想を上回ったものの世界的な半導体不足が2021年の業績に影響すると警告し下落した。

オンライン掲示板「レディット」を利用する短期投機家の次のターゲットは大麻関連株に移行しており、医療用大麻のティルレイ(TLRY)などが急騰。バイデン新政権下、連邦法での大麻解禁への期待が高まりつつある。





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up