for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ先物概況:続伸、時価総額上位が乱高下


*16:05JST マザーズ先物概況:続伸、時価総額上位が乱高下
15日のマザーズ先物は前日比6.0pt高の1300.0ptとなった。なお、高値は1313.0pt、安値は1292.0pt、取引高は3177枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が史上最高値を更新したことや、ナイトセッションが上昇したことから、続伸でスタートした。現物株の寄り付き後は、時価総額上位のAIinside
4488やメルカリ4385、メドレー4480などが下落してスタートしたことから、マイナスに下落する場面があった。その後、時価総額上位のフリー4478が強含みするなど、時価総額上位の一角が下げ幅を急速に縮小したことが、マザーズ先物を押し上げし、一時は、19.0pt高まで上昇したが、大引けにかけて、ラクス3923やメルカリが再度マイナス圏に下落したことが重しとなり、上げ幅を縮小して本日の取引を終了した。マザーズ先物は時価総額上位の乱高下に振り回されたものの、1月25日の直近高値を更新し、昨年10月21日以来の高値となった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up