for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ64ドル高、追加経済対策やワクチン普及への期待続く


*07:00JST NY株式:NYダウ64ドル高、追加経済対策やワクチン普及への期待続く
米国株式市場はまちまち。ダウ平均は64.35ドル高の31522.75ドル、ナスダックは47.97ポイント安の14047.50で取引を終了した。国内の新型コロナウイルス感染件数が減少したほかワクチン普及への期待で寄り付き後、上昇した。追加経済対策の実現に向けた手続きが進展するとの見方も後押しし、堅調に推移したが、長期金利の上昇が警戒され高値付近からは利益確定の売りに上値は抑制された。ナスダック指数は終日軟調に推移。セクター別ではエネルギーや銀行が上昇した一方、自動車・自動車部品、ヘルスケアが下げた。

経済活動再開への期待が強まり、クルーズ船運営のカーニバル(CCL)やロイヤル・カリビアン(RCL)など新型コロナの打撃が大きかった銘柄が上昇。銀行のJPモルガン(JPM)や金融のゴールドマン・サックス(GS)などは長期金利の上昇が業績拡大に繋がるとの期待に上昇した。石油会社のエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)は原油高を好感しそれぞれ上昇。一方で、ヘルスケアのCVS(DVX)は決算で売上高・純利益ともにアナリスト予想を上回ったが、2021年の業績見通しが警戒され下落した。ビッグデータ分析のパランティア・テクノロジーズ(PLTR)は2021年の業績見通しが予想を下回ったほかロックアップ機関終了で、大幅に下落した。

NY原油先物は、1年ぶりに1バレル60ドル台を回復。寒波の影響で需要が急増した。





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up