for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大阪金概況:下落、米長期金利上昇や底堅いドル相場を反映


*16:05JST 大阪金概況:下落、米長期金利上昇や底堅いドル相場を反映
大阪取引所金標準先物 21年12月限・日中取引終値:6109円(前日日中取引終値↓76円)

・推移レンジ:高値6130円-安値6107円

17日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落した。昨日の米国市場で米長期金利が上昇し、金利のつかない金の魅力が相対的に低下するとの見方から金が売られやすかった。また、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが底堅く、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいにくい地合いとなり、今日の金先物はこうした動きを映し売り優勢の展開となった。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up