for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場に注目すべき3つのポイント~引き続き押し目買い意欲は強いと考えられる~


*08:36JST 前場に注目すべき3つのポイント~引き続き押し目買い意欲は強いと考えられる~
18日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:引き続き押し目買い意欲は強いと考えられる
■トレンド、20/12営業利益4.7%増 394億円、21/12予想3.6%増 409億円
■前場の注目材料:パイオラックス、燃料タンク部品3倍増産、環境規制対応


■引き続き押し目買い意欲は強いと考えられる

18日の日本株市場はこう着感の強い相場になりそうである。17日の米国市場ではNYダウが90ドル高となる一方でナスダックは下落となった。1月の生産者物価指数(PPI)が予想を大幅に上回ったためインフレ懸念が再燃。1月の小売売上高や1月の鉱工業生産がともに予想を上回るも相場の反応は限定的だったが、連邦準備制度理事会(FRB)が公表した1月下旬開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の中で金融緩和を当面維持する方針を再表明すると、ダウは上昇に転じている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の30345円。円相場は1ドル105円80銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする形から、やや利食い先行の展開になりそうである。米国ではハイテク株が利食いに押されていることもあり、東エレク
8035など指数インパクトの大きい値がさハイテク株の動向に振らされやすくなりそうである。足元では先物主導の売買から値動きの荒さも目立ってきていることもあり、短期的な売り仕掛けの動きには注意しておきたいところであろう。もっとも、日経平均の3万円接近の場面においては下値の堅さが意識されよう。急ピッチの上昇に対する日柄調整といった流れであり、引き続き押し目買い意欲は強いと考えられる。

物色の流れとしては指数インパクトの大きい値がさ株の動向を睨みつつ、テーマ性のある材料株などに個人主体の資金が流入しやすいだろう。資金回転の早さから値動きは荒くなりやすいと考えられるが、需給面でのしこりは残らないとみられ、大きく調整する場面においては押し目狙いの好機となろう。脱炭素に関連した水素などの次世代エネルギー関連のほか、ビットコインに関連する銘柄への物色が活発化しており、乱高下を警戒しつつも短期値幅取り狙いの流れが強まりそうである。



■トレンド、20/12営業利益4.7%増 394億円、21/12予想3.6%増 409億円

トレンド
4704が発表した2020年12月期決算は、売上高が前期比5.4%増の1740.61億円、営業利益が同4.7%増の394.64億円だった。企業向けビジネス及び個人向けビジネス共に好調となり、特に個人向けビジネスは携帯電話ショップでの販売が好調のほか、リモートワークの増加などを背景に成長。今期については、日本及び欧州地域は前期比5%程度の増収、北米地域は前年と同程度、アジア・パシフィック地域及び中南米は10%程度の増収と、全社合計で5%の増収を見込んでいる。21年12月期の売上高は前期比5.4%増の1834億円、営業利益が同3.6%増の409億円を計画している。



■前場の注目材料

・NYダウは上昇(31613.02、+90.27)
・1ドル105円80-90銭
・米原油先物は上昇(61.16、+1.08)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・海外コロナ向けワクチン接種の進展
・世界的金融緩和の長期化


・パイオラックス
5988燃料タンク部品3倍増産、環境規制対応
・GSIクレオス
8101生分解性プラスチック製シート開発
・丸紅
8002米社とLiBリサイクルで提携、コバルトなど精製
・豊田自動織機
6201車・産業用エンジンの国内生産2000万台達成
・三菱自
7211新型「アウトランダー」4月に北米投入
・帝人
3401チェコにGF—SMC成形設備、車関連向け提案強化


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・09:30 豪・1月失業率(予想:6.5%、12月:6.6%)
・09:30 豪・1月雇用者数増減(予想:+3.0万人、12月:+5.0万人)
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up