for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:東レやヤクルトなどに注目


*09:08JST 個別銘柄戦略:東レやヤクルトなどに注目
17日の米国市場では、NYダウが90.27ドル高の31613.02、ナスダック総合指数が82.00pt安の13965.50、シカゴ日経225先物が大阪日中比55円安の30345。18日早朝の為替は1ドル=105.80-90円(17日大引け時は105.86円付近)。本日の東京市場では、前日までの銀行株買いの流れを引き継いでみずほ
8411、三菱UFJ8306などの堅調が予想される。新型コロナ用ワクチン接種の進行を手掛かりにJAL9201、ANA9202も強含みで推移しよう。米原油先物の続伸で国際帝石1605、ENEOS5020、三菱商8058なども買われそうだ。反面、米ナスダック安でソニー6758、アドバンテスト6857など電子部品株はさえない動きを強いられよう。17日大引け後に前期の好業績や今期の業績回復予想などを発表したABCマート2670、昭和電工4004、トレンドマイクロ4704、オカムラ7994は買いが予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたヤクルト2267、東レ3402、SUMCO3436、東ソー4042、ペプチドリーム4587、TOYO-TIRE5105、ブリヂストン5108、住友ゴム5110、NTN6472、NEC6701、富士通6702、ソニー6758、日本マイクロニクス6871、ローム6963、パンパシHD7532、ユナイテッドアローズ7606、東京精密7729、伊藤忠8001、豊田通商8015、三井物8031、東エレク8035、三菱商8058、第一生命HD8750、T&DHD8795、日通9062、SGホールディングス9143などに注目。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up