for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

利食い優勢のなかでファーストリテが下支え役に【クロージング】


*16:30JST 利食い優勢のなかでファーストリテが下支え役に【クロージング】
18日の日経平均は続落。56.10円安の30236.09円(出来高概算15億7991万株)で取引を終えた。国内で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、経済活動の正常化を期待する動きなどから内需関連の値がさ株中心に買われ、日経平均は寄り付き直後には30560.49円まで上昇する場面がみられた。しかし、その後は相場の過熱感を警戒する投資家による利益確定売りが散見されたほか、香港や韓国といったアジア市場が軟調に推移しており、次第に買い見送り気分につながった。ファーストリテ
9983が1社で日経平均を約169円支える格好となり、一方でアドバンテスト6857などハイテク株の一角が重石となった。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり銘柄数が1700を超え、全体の7割超を占めた。セクター別では上昇したのが、電気ガス、空運、医薬品の3業種にとどまり、30業種が値下がりした。証券が3%を超える下落だったほか、鉄鋼、その他金融、鉱業、非鉄金属が2%を超える下落となった。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテのほか、中外薬
4519、花王4452、テルモ4543、エムスリー2413が堅調。一方で、アドバンテストのほか、ソフトバンクG9984、トレンド4704、東エレク8035、京セラ6971が軟調。

前日の米国市場は、好調な経済指標を支援材料にNYダウは3営業日連続して過去最高値を更新した一方、米長期金利の上昇を警戒しナスダック総合指数は続落するなどまちまちだった。ただ、NYダウが最高値を更新した流れを引き継いで、東京市場では、朝方は景気回復を見込んだリフレトレードが継続。空運株や医薬品株などにも値を上げる銘柄が目立っていた。米国の追加経済対策の成立期待など世界各国・地域で巨額の財政出動が打ち出されており、グローバルにみて景気回復への期待は根強いだろう。

一方、テクニカル的な過熱感などを背景に利食い売りも目立ったほか、TOPIXが前引けに日銀による上場投資信託(ETF)買いの目安とされる0.5%超の下げを記録したものの、後場に入り日銀の買いが観測されなかったことから、利益確定の流れが強まったとの見方もされている。しかし、買い遅れた機関投資家などの押し目買いなどから3万円は割り込まなかったことから底堅さも指摘されており、目先は利食い売りをこなしながら、新たな材料待ちの状態となっている。




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up