for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京為替:ドル・円はやや上げ渋る、中国本土株式の動向も手掛かり材料に


*09:41JST 東京為替:ドル・円はやや上げ渋る、中国本土株式の動向も手掛かり材料に
22日午前の東京市場でドル・円は、105円40銭台で推移。米長期金利の高止まりを意識したドル買い・円売りは一巡しつつあり、ドル・円は19日欧米市場の安値105円24銭を試す可能性がある。ただし、日経平均は大幅に反発していることや、中国本土株式の上昇によってリスク回避的なドル売り・円買いは抑制される可能性も残されている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円39銭から105円62銭で推移、ユーロ・円は127円68銭から127円99銭で推移、ユーロ・ドルは1.2115ドルから1.2131ドルで推移している。

・NY原油先物(時間外取引):高値59.54ドル 安値58.82ドル 直近59.35ドル

【売買要因】
・米追加経済対策案成立への期待持続
・米長期金利の上昇
・米電力不足懸念


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up