for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:清水建設や三菱UFJなどに注目


*09:21JST 個別銘柄戦略:清水建設や三菱UFJなどに注目
10日の米国市場では、NYダウが464.28ドル高の32297.02と史上最高値を更新する一方、ナスダック総合指数は4.99pt安の13068.83とほぼ横ばいで引け、シカゴ日経225先物は大阪日中比125円高の29105。11日早朝の為替は1ドル=108.40-50円(10日大引け時は108.88円付近)。本日の東京市場では、米国でのハイテクセクターから金融や消費セクターへの資金移動に追随して三井住友
8316、野村8604、トヨタ7203、ホンダ7267などの値上がりが予想される。反面、ソフトバンクG9984や東エレク8035は軟化が予想され、国際石油開発帝石1605、ENEOS5020などもさえない動きを強いられよう。10日大引け後の情報開示銘柄では、業績見通しや配当予想を引き上げた酉島製作所6363、大阪ガス9532などに買いが入ろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された清水建設1803、前田建1824、日産化4021、ポーラオルビス4927、TOYO-TIRE5105、コマツ6301、タダノ6395、ソニー6758、武蔵精密7220、マツダ7261、ヤマハ発動機7272、大日本印刷7912、ニフコ7988、三菱UFJ8306、三住トラスト8309、三井住友8316、千葉銀8331、ふくおかフィナンシャル8354、東京センチュー8439、ヤマトHD9064、イーレックス9517などに注目。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up