for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ127ドル安、小売売上高の予想以上の悪化に警戒


*07:00JST NY株式:NYダウ127ドル安、小売売上高の予想以上の悪化に警戒
米国株式市場はまちまち。ダウ平均は127.51ドル安の32825.95ドル、ナスダックは11.86ポイント高の13471.57で取引を終了した。2月小売売上高や鉱工業生産、住宅市場指数が軒並み予想を下回ったため寄り付き後、下落した。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えていることや、連日で史上最高値を更新したのち、利益確定売りも目立ちダウは終日軟調に推移。一方で、長期金利の低下を好感し、ハイテク株は上昇した。セクター別では、半導体・同製造装置、メディア・娯楽が上昇した一方、エネルギーや自動車・自動車部品は下落した。

バイオのモデルナ(MRNA)は子供向け新型コロナウイルスワクチンの治験を開始すると発表し、上昇。コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)や携帯端末のアップル(AAPL)はアナリストによる投資判断引き上げや目標株価引き上げを受けて、それぞれ上昇した。一方、化粧品小売りのアルタ・ビューティー(ULTA)はアナリストの投資判断引き下げが嫌気され、下落。電動トラックメーカーのニコラ(NKLA)は株式発行による資金調達計画を発表し、下落した。

株式投資家の恐怖心理の度合いを示す指数、VIX指数は20割れで終了した。



Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up