for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の為替市場ポイント:米中関係の緊張状態継続でリスク選好の円売り抑制も


*08:30JST 今日の為替市場ポイント:米中関係の緊張状態継続でリスク選好の円売り抑制も
16日のドル・円は、東京市場では108円61銭から108円97銭まで反発。欧米市場では、108円94銭から108円71銭まで下落し、108円79銭で取引終了。本日19日のドル・円は主に108円台後半で推移か。米中関係の緊張状態は緩和されていないことから、リスク選好的な円売りは抑制される可能性がある。

報道によると、駐米中国大使館は4月17日、日米首脳会談について、「通常の二国間関係の枠を越えて第三者の利益を害している」と批判し、日米首脳の共同声明に断固反対すると表明した。一方、台湾は、日米首脳が共同声明で台湾海峡の平和と安定の重要性を明記したことを歓迎したと伝えられている。市場関係者の間からは「中国の反応は予想外ではないが、米中関係のすみやかな改善は期待できない」との声が聞かれている。

ただ、中国と米国は4月18日、気候変動対策で共同声明を発しており、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の前に、より強力な対策へのコミットメントが必要との見解を表明している。声明によると、米中両国は、エネルギー貯蔵、炭素回収、水素を含む具体的な排出削減行動について議論することで合意した。気候変動問題への適切な対処はバイデン政権の最重要課題とみられている。米中関係の悪化が懸念されているものの、利害関係が一致する部分もあることから、両国の今後の行動が注目されそうだ。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up