for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いの一服でドル売り縮小


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いの一服でドル売り縮小
20日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米長期金利の戻りは鈍く、引き続きドルは買いづらい見通し。ただ、ユーロやポンドは前日まで大きく上値を伸ばしており、本日は買い一服でドルへの下押し圧力は弱まりそうだ。

前日の取引で米10年債利回りの低下を受けたドル売りが優勢となり、ユーロ・ドルは前週に上抜けられなかった1.20ドル台に浮上。ドル・円は108円半ばを割り込み、108円付近に値を下げた。本日アジア市場で米長期金利の低水準で戻りが鈍く引き続きドルは売られ、対円では一時108円を下抜けた。一方、日本での新型コロナウイルスまん延で大阪府や東京都の緊急事態宣言が警戒され、日経平均株価の大幅安を背景としたリスク回避の円売りがドルを小幅に押し上げた。

この後の海外市場も、引き続き欧州通貨の動向が注目される。ユーロ・ドルは1.20ドル台後半に強含んでいるが、22日開催の欧州中銀(ECB)理事会ではハト派姿勢が想定されており一段の買いは入りづらい。また、ポンド・ドルは欧州連合(EU)離脱の英国民投票前には重要な下値支持線だった1.40ドル付近を回復しており、目先を見極める展開となろう。ドル・円はリスクオフならドル買いに押される見通し。また、節目の108円付近では押し目買いが観測され、下値は堅いとみる。

【今日の欧米市場の予定】
・特になし




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up